文化の差?壁?

展示会で使われる、最新の映像機器展に行ってきました。

日本のAVメーカーは相変わらず
電子黒板やTV会議システムのアップグレード仕様ばかりで、目新しいものといえば4Kテレビくらいなものでした。でも展示会で4Kっていわれても…。

そんな中でもP社はがんばっていました。
この春にやっとipad仕様のピンチ(指で拡大縮小できる機能)を搭載したモニターが発売予定とか。

やっとです。Apple社に遅れること何年でしょう?

そんな日本のAVメーカーのブースを通り過ぎたところに黒山の人だかりを発見!
フィンランドの会社MULTI TACTIONという会社の映像システム。
http://www.multitaction.com/

映画「アイアンマン」の最新作に出てくるようなマルチタッチのシステム。
画面中に複数のソフトが立ち上がり、複数のヵ所で複数の人が自由に同時に動かせる。
もちろんピンチも回転も移動も自由自在なのです。

これはスゴイ!

ただ、扱う側のスキルが追いつかないかもしれませんが…。でもスゴイ!

これはもう技術力の差ではなく、文化の差か壁のように思えてきます。

マジヤバイ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フラッグシップ

Author:フラッグシップ
株式会社フラッグシップ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム