させたいこと、したいこと。

展示会の打合せで議論されることに
「会社として伝えたいこと」と「来場者が知りたいこと」があります。
これらは同じようで、実は違うケースが少なくありません。

多くの場合、建前と本音ですね。

アップグレードによって大幅な改善がなされたり、革新的な技術が盛り込まれたりするようなときには、言いたくて仕方ありません。コレは、ある程度「来場者が知りたいこと」でもあります。

本音はコストへの反映だったりします。担保が欲しいんですね。
ビジネスですから。

スゴイけど、使えない。で、半笑いで話題をすり替えたり、中庸にしたり、お茶を濁して逃げちゃうダサい業者さんが多いんですね。

でもココで、真正面から受けて立つ。
解決策をひねり出すのが大人です。

逃げるなら、最初ッから来なきゃイイのに。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フラッグシップ

Author:フラッグシップ
株式会社フラッグシップ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム