FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとした時間。

大事な商談があるときには早めに行って、カフェで一服しておく。

時間が緊張感を和らげるし
独りの時間は自分のペースを取り戻してくれる。
スポンサーサイト

ムリしても大したことない。

カッコつけた発言は窮地に追い込まれる。

しょせんは組織に護られながら、企業の利益と保身のために働いている。

なのに、矜恃のようなプライドの残滓がムリをさせている。

素直に開き直れば楽なのに。

アホ上司は即クビ。

アイデアや、自由な発言を求められている会議で
発言するとスグに穴や弱点を見つけて、質問という体で潰しにかかるアホ上司がいる。
質問してるだけだから~と、困惑気味の半笑をする。

いい年して止めなさい。

最初から、あなたの意に沿わないメンバーは会議に呼ばない方がいい。
部下は兵隊かもしれないが、奴隷ではない。

後から撃たれるかもよ。

朝が大事。

今やどこの会社も残業が減っている。

早朝出勤を応援する会社も増えている。

残業は、無計画の結果だから残業代を会社が負担しなくていいと思う。

無計画な上司に支払わせればいい。
そうすれば、残業はゼロになる。

案には案を。

誰かの発言に異を唱える人がいる。
ただ、人の発言に水を差すなら、それ相当の覚悟はしてもらいたい。

殺されやしないから(笑)

今は違いますよー。カンタンに殺られちゃいます。

案なき異議は殺意を誘発しかねません。

人数で、できることは圧力だけ。

大人数での会議は思考停止に陥る。
個人で話すと自由で溌剌としているのに、大人数になると止まってしまう。

あらゆる事柄に即時対応できるように大人数で臨むという、尤もらしい理由をつけたがる。
中庸でツマラナイ結論を作りだすだけなのに…。

大人数を前にしてグリグリズバズバ発言できるヒトはごくわずか。
様子を見ながら事なかれでやり過ごす人が大半です。

継続的思考って。

いつも考えている。

ずーっと考え続けている。

でも不断で継続的に考え続けるのは無理があるし、煮詰まってしまう。

フッと思いついたり、パッと閃いたりするのは、何度も何度も思い返して考えるからだと思う。
つまり大事なのは、考える時間ではなく、考える回数なんじゃないか。

反芻的思考かな。

ロシアのローテク。

ずいぶん前に、北海道の苫小牧でロシア(旧ソ連)製宇宙ステーション「ミール」(実物予備機)を見学したことがある。

外観は、ロシアっぽいけど流石は宇宙船らしい。
内部は、普通の理科室っぽいというか、木やネジが多用されていて普通すぎる。

ちょっと残念な顔つきで見学していると
学芸員の方から「宇宙で万一のときにスグ修理できるようにあえてローテクで構成してあるんです」とのこと。
なるほどー、と感心。

このあいだロシア映画の「ガーディアンズ」を観た。
攻撃する宇宙船は、アナログ機器満載のコックピット。
パソコンのモニターは奥行あるブラウン管。
昭和なローテク満載!

ストーリーもカッタるくて、別の意味でナカナカの見応えでしたー。

支持者は儲かる。

儲かるという字は、信者と書く。

つまり支持してくれることの延長線上にある。
先ずは支持されないことには、儲けは無い。

ナンでもイイ。
とにかく支持されよう。

オトナ目線の罪。

Amazonが「キンドルインディーズマンガ」をスタートした。
趣味でマンガを描いてるヒトや、新人の作品が無料掲載されている。

ジャンプでも同様の試みはあるが、編集者の検閲があって芽を摘まれてしまう。
このネタを販促に接続するプランを何度も書いてきたが、採用されたことがない。

企画の良し悪しは、プランを提案する側ではなく
採用する側なんだよなぁ。

できる子は、大人になるとダメになる。

できる子の
日本の紙幣は精巧で、容易にニセ札は作れない。
どんな田舎や離島に行っても、電話線が引かれている。
燃費効率が高く、排ガスもキレイな自動車を生産できる。

できない子の国は
ニセ札で困らないように、電子マネー化が進んでいる。
電話線が引けないから、スマホが普及している。
技術が無いから、電池とモーターで走る電気自動車が生産される。

できる子が間抜けに見えてくる。

ウソつきの学者さん。

とあるコメンテーターが「ゴミの焼却処理はケシカラン!」「レジ袋はケシカラン!」と、訳知り顔でお話しされていた。

アホ丸出しですね。

森林を育むには、間伐材が出る。
木を伐ったら、端材が出る。
加工をすれば、おが屑が出る。
原油を精製しても、料理をしても、ナニをやっても出るものは出る。

レジ袋も、レジ袋以外に使いみちのない油で作っている。

それでも出たものは焼却処理する。
生産者や加工者は、材料をムダにしないで徹底的に使い切る。

口先だけの学者くずれはケシカラン。

サービスを減らす工夫。

食事ナシのホテルが誕生した。
朝食もカフェもない。

確かにホテルは、ベッドと浴室を主軸にした事業体だ。

イマドキはファストフードも、コンビニもある。

二次的な効果として、ホテルに朝食が無いから付近の飲食店が朝食サービスを始めた。
キッチンを主軸にした事業体が、キッチンをフル活用できれば効率的です。

これはウマい!
プロフィール

フラッグシップ

Author:フラッグシップ
株式会社フラッグシップ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。