スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光速より早いものは無い。

当然ながら光は質量が無いのだから、コレ以上早いモノは無い。

ただだからといって、早く到達できるわけではない。
光は真っ直ぐにしか進まないのだから、これも当然。

北極点で放たれた光が、南極に早く到達するわけがない。
地球は丸いのだから、これも当然。

どこかの国の政治に似ていなくもない。
スポンサーサイト

慇懃無礼のほうがマシ

コンビニにしろ、ファミレスにしろ、とても丁寧できちんとした言動であっても
かえって失礼とでもいうか、
心がまるでこもっていない対応を慇懃無礼という。

でも、無礼な対応に出会うと慇懃な方がマシに思えてくる。
品ぞろえや内装ではなく無礼に腹が立って、それ以来、店に寄りつかなくなる。

IT化も、AI化は、企業や担当者の取組やすさ優先でしかない。

買物や食事に訪れるのはPCではなくニンゲンなのだから
気持ち、印象、雰囲気づくりなんかが優先される。

実績を追っているフリで逃げ回るのは、いい加減ヤメにすればイイのに。

がん哲学外来

がん治療には
QOL=Quality of life(クオリティ オブ ライフ)が重要で、がんを患ってから人生をどう生きるかを考える。

もう一つは、
QOL=Quality of die(クオリティ オブ ダイ)どう死んでゆくかを考える。

生きること死ぬことを俯瞰で捉える哲学なんだろうな。

変えてみる勇気と、やってみるモチベーション。

圧倒的な資本力で市場を蹂躙する小売店がある。
駅前の商店街をあっという間にシャッター通りにしてしまう。

従来のビジネスモデルのままでは無力化されてしまう。

でもビジネスモデルを変更すれば太刀打ちできる。

泣き言を言っていないで、戦ってみる気概を持ってみてはどうだろう?

Face to Face.

他人の行ったインタビューの書き起こしをしてみた。
その場に居なかった人が聴いても文字にはできる。
でも
文字にしてみるとビックリするくらいに稚拙でツマラナイ。
恐らく
ラジオのパーソナリティくらいの話力がないと到底ムリ。

でも、目線を合わせて話せば思いが伝わると思う。
とにかく会って話すこと。

原始的だけど、確実なコミュニケーション。

気が合うか合わないか。

ナニかと悪口を言う人がいる。
言われた人も悪口を言っている。

影で、ずいぶん酷く言いあう。
相手には聞こえないように。

そこまで、お互いに疎ましく思うのは、理由はどうあれ相性の問題だと思う。

悪口を言うのが趣味でなけば、ムダだから止めておけばイイのに。

詐欺の電話。

新入社員か、電話営業代行会社から、20代男性の声で
「電話料金がお安くなります~」という電話がちょくちょくかかってくる。

試しに、いくら安くなるかを訊いてみた。
「一カ月あたり、約1200円ほどお安くなります」

…………?

仕事だから仕方ないケド

1200円の商売をせっせと売り込むと
どういうカラクリなんだ?って
疑われることが判らないんだろうか?

それともマンマと騙されてしまうのだろうか?


電話詐欺まがいは辞めた方がいいと思う。

バカなフリはバカなのか。

わかり難いことをわかり易く表現するのが私たちの仕事です。

シンプルに二項対立で見せるとスッと理解させられる。

もちろん二項の間には無限のグラデーションがあるのは知っている。
正論だと思う。

でも、商売となるとそうはいかないんだよなぁ~。

1アウト即チェンジって…オイオイ。

パワハラ、セクハラ、モラハラ…禁煙。

失敗して失望しても、絶望しないで頑張れば良いと諸先輩から教わったのに。
いきなり絶望する人が後を絶たない。

社会全体に不寛容な空気が蔓延している。
せめて3アウトくらいまでチャンスが無いと生き辛いんじゃないかな。

同調圧力という魔女狩り.。

同調圧力とは
多数意見と異なるものへの反発や
多数意見への同意あるいは
同調を促す雰囲気のようなもの。

少しでも社会のルールを踏み外すと総攻撃を浴びる。

魔女狩りの時代に逆戻りしなきゃいいんだけど。

最近の古典落語。

最近またぞろ「自分探し」を口にする人が増えてきたような気がする。

平和で豊かだからか…。

もともと自分は存在していないのに、探しても見つかるわきゃない。

古典落語のネタにあったかなぁ?
そっちが知りたい。

小せえなぁ自分。

とあるALS患者さんへのインタビューを視た。
彼は、目でキーボードを操作しながら語る。

「私はALSで身体の自由を奪われてしまったけれど、心は自由です。
思い浮かべるだけで、世界中のどこへでも行ける。誰とでも仲良くできる。身体が動かないことくらいどうってことありません。」

どうってことない、って…。

できない理由を並べたり、クヨクヨを引きずったり、小さなことで怒ったりすることが恥ずかしくなる。

対面を繰り返して人脈は確立される。

五感で感じ取る情報は、他の何物にもかえ難い。

今の時代で、ネットやSNSをバカにするほど野暮ではないが
会わないと入手できない情報も少なくない。

相手が煩わしいかもしれないと慮りつつも、面談の機会を増やさねば…。

プロの心構えは凄まじい。

プロの営業マンは、
例え先方と会えなくても、オフィスの建物に赴いて空気を吸ってくるという。

これくらの心構えでないと洞察力を磨き上げられないんでしょうね。

それにしても凄まじい。

総合力はマダマダ?

AIとかIoTとかスゴイことになってきている。
ナンでも人間がやらなくてOKらしい。

個々の事情を判断して、感情を読み取って、それらを総合的に理解して
アクションを起こすといったことはムツカシイんだろうな。

あ、ソレ、忖度か。
プロフィール

フラッグシップ

Author:フラッグシップ
株式会社フラッグシップ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。