スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーは負ける。

ジャンケンして
パーなら♪パイナップル♪
グーなら♪グリコ♪
チョキなら♪チョコレイト♪と
言いながら文字の歩数分を進む遊びがある。

ジャンケンの勝ち負けではなく、進んだ距離で競う。

グーさえ出さなければ勝てる。

躍起になってジャンケンに勝とうとするオトナもいる。

そんなオトナにジャッジされる私のシゴト・・・。
スポンサーサイト

ならぬことはならぬものです。

ハラスメント。
パワハラ。セクハラ。マタハラ。モラハラ。

本人にはどうしようもないことがある。
それを差別する人が嫌いです。

どうしようもないことには、救いがあるべきだと思う。

ファンなってもらうこと。

芸の上手い下手に一喜一憂する職人気質はキライじゃない。

でも、売れるか売れないかとは別です。
売れるには好きになってもらうこと。
好きになれば芸の下手さなんて、ご愛嬌です。

芸が上手になってもしょうがない。それよりも人気者になれ。
初代 桂春団治

未だ戦時思想は終わらない。

特攻隊。
一億火の玉。
一億総活躍。

某自動車メーカーの不正。
PTAの任意という建前の強制加入。
保育園建設反対。

この国は、一体いつになったら同調圧力の怨念から解放されるのだろう。

ごみの分別、できぬあなたの無分別。

モラルは、経済が成熟したところでしか育まれない。

とはいえ
経済が成熟すれば、モラルが育まれるわけでもない。

格差は、どっちだろう?

ノウハウ本の罪。

単純な経済合理性だけを追求してゆくと
イロイロなものが壊れ失われてしまう。

しょせんは、生身の人間なのだから

ふんわり

柔らかく

色っぽく。

刺さる言葉は的を得なくてイイ。

客の心にフックする言葉を心得ているかどうかを考えて使う。
ピンポイントで的の中心を狙ってゆく。

でもコレは意外と効かない。

あえて外したり、タイミングをずらしたり。
ちょっと工夫すると上手くゆく・・・かも。

ピークは高く、すそ野は広く。

新しく起業する知り合いから挨拶状が届いた。

どうやら一人でスタートするらしい。

具体的な事業内容はわからないけど、ナニか1つでも高みに上げてもらいたい。
そうすればキットその先が見えてくると思う。

イベントには合理的配慮が不可欠。

合理的配慮とは、障害のある人が日常生活や社会生活を送る上で妨げとなる社会的障壁を取り除くために、状況に応じて行われる配慮です。

イベントでよく使われるコメントがある。
例えば
わかった人は手を挙げてー。
キャラクターを大きな声で呼んでみよー。
黙って読んでください。
真っ直ぐ立って並んでくださーい。

ヒドイ。配慮に欠けている。
セクハラなみにマズイ。
これからは必ず事前チェックしないと大事になる。

プロダクトするからプロダクション…のはず

クライアントに言われたままを
素直にプラン化するだけでお代はいただけない。
せめて表現にツイストをかけるとか、少しくらいは手を入れないとダメでしょ。

そんな手抜き仕事じゃ代行業になってしまうよ。

でも、あらすじを
なぞった感想文が評価されるのなら
商売としてはアリなのかなぁー。

自信とプライドを足した総量は一定

コラムニストのジェーン・スーさん曰く
「自信とプライドを足した総量は一定。逆も真なり」。
何げない言葉ですが、的を得たコメントです。

むやみにデカい声と強い口調で発言したり
睨みつけて威嚇するかのように振る舞うヒトとかね。

面白いアイデアと微妙な評価

良いアイデアをプレゼンすると
驚きや畏敬と
軽蔑や嘲笑が
ないまぜになったリアクションを感じさせる。

みんなが誉め称えるようなアイデアは
一部に媚びへつらった類だからあてにしない。

でも、落とされたら、悔しいことは悔しい。

13文字のスレタイ

ネットニュースの見出しにあるようなタイトルはアクセス数を上げるために様々な工夫をしている。
特に13文字以内にこだわったスレタイはよくできている。

プレゼン資料も同じように作れば、上手く口説けると思う。

ナニかを教えるとわかる

人に教える(伝える)ときには、できるだけわかり易い手順とカタチにするため、頭の中にある情報を整理しなおす。
つまり、説明は自分の情報の整理を行っている。

ただこれは「説明」であって、プレゼンではない。
理解はさせられるが、口説くのとは別ですね。

上手なパワハラ

朝礼や会議は、如何わしい羽毛布団や絵画を売りつける雰囲気に似ている。
慣れてくると意図的に、同調圧力をかけて追い込めるパターンに気づく。

このパターンを習得すると、エグイ首謀者になれる。

でも勢い余って、首謀者にネタ晴らしツッコミすると逆ギレされる。
首謀者は悦に入ってるんだから、作り笑顔でやり過ごすしかないな。

いいかげんに、特攻隊式の同調圧力はもう止めにしませんか。
プロフィール

フラッグシップ

Author:フラッグシップ
株式会社フラッグシップ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。