スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好かれる謝り方

先週の本番前日の夕方19:00に、スタッフ-Aから「明日は勉強させていただきたいので、お邪魔してもよろしいでしょうか?」と電話があった。OKすると「ありがとうございます!よろしくお願いします」と好青年風な受け答えに満足していた。

翌朝08:00に突如、予定外の上役が登場。
社内の調整が上手くゆかず、現場で働けなくなってしまったとのこと。
スタッフ-Aは登場せず。
スタッフ-Aからの連絡ナシ。

前日の言葉が本当なら、スタッフ-Aは当日08:00前に来て事情説明と謝罪をする。
続いて、上役に代わってもらう旨を伝え、引き合わせるのが当たり前だと思う。
嫌われないように、できれば好かれるように、注意深く、できることは全部ヤルのが普通だと思う。

こちらが言い返せない上役をポンと送ってコトをねじ伏せ、知らんぷりを決め込む。
どこの王子様だよ!? 上から目線すぎないか? 所属する組織の力自慢か?

今日で一週間。
スタッフ-Aは登場せず。
スタッフ-Aからの連絡ナシ。

でも、ボクは優しいからスタッフ-Aに勉強させてあげよう。イロンナ意味で…。
スポンサーサイト
プロフィール

フラッグシップ

Author:フラッグシップ
株式会社フラッグシップ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。