スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強みは弱みの裏返し

ここのところ「キャリアアップがナンとか・・・」といった謳い文句で、「強みとは!」と声高に気を引くケースが見受けられます。
「強み」といっても漠然としすぎて、言い切るには不都合ですから、あえて「個人の価値観においての相対的な強み」に限定してみます。

よく、英会話教室などの「キャリアアップがナンとか・・・」といった広告を見かけます。
まぁ、これは広告ですからどーでもイイのですが「英語を身につけて強みにしましょう!」といった意味合いの説明には違和感があります。

「キャリアアップがナンとか・・・」ごとき理由で、カンタンに英語が身につくわけがありません。
努力のモチベーションが、ふわふわしすぎています。
そんな、ふやけた理由よりも、切羽詰ったり、追い込まれたりすれば、あっという間に身につきます。
とはいえ、日常生活でそんな状況になってしまうのも考えものですが・・・。

他にも自立的に「強み」を育むことができます。
それは、弱みをフォローアップするために必然的に生まれる補完適応力ではないかと思います。

例えば、プロサッカーの長友選手。
彼は、体格的なマイナスを運動量とテクニックで補完して見事な適応力を発揮しています。
また、それが結果として独創的な強みとなって表れているのだと。
恐らく、ご自分自身で厳しく追い込まれたからなんでしょうね・・・。

つまり、現時点で自分の強みはナニか??見つかったとして、それをどう活かせば良いか??を模索したところで見つけにくい代物かもしれません。

それよりも、自らのマイナス(コンプレックス)を晒して、それを補完できるナニかを探したほうが近道かもしれませんね。
スポンサーサイト

昨今の展示会事情

久しぶりにビッグサイトで展示会の仕込みに行ってきました。
仕込みの時には、いつもきまって会場すべてのブースを見学します。

ザーッと見学したところ、以前から少しずつ感じてはいたのですが全体的に
お手軽というか、稚拙というか、退化している印象でした。
もちろんコスト競争やコンペの影響もあるのでしょうが、どのブースも「主軸のズレ」が目立っていました。

わかり易く言えば、explanation(=説明・解説)主体のブースになってしまっているということです。
これは、机上の論理的な主張としては、いかにも正論っぽく感じられるかもしれませんが、展示会という場においてはマチガイです。(クライアントの希望かもしれませんが・・・・)

今一度、原点に立ち返ってみると、展示会場という特別な場で、展示会へ出展するという特別な状況を創り出してまでexplanation(=説明・解説)するだけというのは、片手落ちに思えます。

展示会へ出展して行うべきはpresentation(=発表・上演)です。

特に、薄ボンヤリとした閉塞感に覆われた状況では、一瞬で来場者の心を抉るようなpresentation(=発表・上演)が欠かせないのではないでしょうか。
プロフィール

フラッグシップ

Author:フラッグシップ
株式会社フラッグシップ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。