スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作り手の都合がオモシロイ

とある作り手から「作る都合でこうなってしまいます。以上。」というメールをいただきました。

文面を見て思わずプッと吹き出してしまいました。

この傲岸不遜っぷり!
このワガママっぷり!

ここまで言い放たれると、ある意味スゴイ!

「買う都合」はどこへ?
スポンサーサイト

「~っぽい」がオモシロイ

ブランド力、ブランド構築、ブランドイメージ向上など、イロイロなところで話題にのぼります。

ブランドとは、およそ「個人が形成したイメージの総和」とされます。
これは、対象に接したタイミング・場所・その時の気分など「受け手の状況」に大きく左右されるということです。
こう言ってしまうと、曖昧で掴みどころの無いボワァ~っとしたことである、ということになってしまいがちです。

でも実際には、個人のイメージの中には意外とハッキリしたモノゴトとして印象づけられています。
とはいえ、それは「気分」であって、言葉にはできません。嗅覚とか第六感とかいったところでしょうか。

初めてナニかを見たり聞いたりしたとき、それまでに記憶していたナニかに置き換えて記憶します。ヒトに伝えるときにもナニかを例えにして共有します。
ならば、先にナニかに置き換えておいて、伝えられたら短絡できてしまいます。

カンタンに言えば「~っぽい」ってやつです。
何かのマネをしているようで気が引けることもありますが、発信側の意図が正確に伝えやすかったりもします。

この手法も、選択肢の一つではありますね。

+-の合計がオモシロイ

昨夜、風呂に入っていて、ハタ!と気が付いたことがあります。

誰だって、気の合うヒトと仕事をするときは楽しく前向きにできます。
反対に、苦手な相手と仕事をするときは、気分が上がりません。

でも、仕事ですから感情的に振舞うわけにはゆきません。でもやっぱり、気分よく仕事したい。
一見すると矛盾しているようですが、実は意外と単純だったりします。

例えば、どんなに気が合う人であっても、気が合う部分が+90あって、気が合わない部分が-10くらいはあります。
こちらは、合計+80です。

気が合わない人は、気が合わない部分が-90で、気が合う部分が+10くらいです。
こちらは、合計-80です。

で、気が合わない人と気分よく付き合うには、この+点を上げるようにすればイイのです。
気が合わない部分は、改善できないのでそのままにしておいて、気が合う部分の点数を上げればいいんです。

気の合わないヒトの-90は変わりませんが、+10を大きくすることはできます。
単純に+800とか・・・。

つまり、合計点ではなく、+-の比率で気が合うか、合わないかをジャッジしているんだと思うのです。

カンタンでした。こんなことを思いつくまでに何年かかったんでしょ(笑)。

言い方がオモシロイ

関西弁の「考えておきます」は、断りの意味です。京言葉の「ぶぶ漬けでもどうですか」は、お帰りくださいの意味です。

言葉は受け手側の裁量によります。
裁量によって、器量が決まります。

できるだけ、大き目のほうがたくさん入ります。器ですからね。

ipadがオモシロイ

とある調査機関が行ったipad所有者へのアンケートで「最近、ipodを利用していますか?」という質問に、もう使っていないと答えたヒトが70%を超えたと報告していました。

アプローチ側のポリシーは理解できますが、もう少し受け手側に配慮してもよかったのでは??

磁場がオモシロイ

イロイロなモノが吸い寄せられる磁場。

流行にしろ、ヒトにしろ、ナゼだか強烈な磁力を放っていることがあります。
当然ながら、イベントもカタログも、お店の経営も、あらゆるモノゴトにおいて磁場を持ちたい!と願っています。

兎角、ナニを見せるか?ナニをプレゼンするか?目立つか?とかいった手段を評価する傾向があります(好き嫌い?)。

それよりも、ナニを磁場にするか?のほうが重要だと思います。

先ずは、引き寄せる。すべてはソコからではないでしょうか?

横糸がオモシロイ

統工芸の番組で、昔ながらの機織(はたおり)の映像をボーっと観ていました。

縦糸を並べて、ピンと張り、そこに横糸を繰り返し通すという単純なマシンです。
サイズや自動化など様々なマシンがありますが、仕組はどれも似たようなものです。

ボーっとしたまま「あー、私たちの仕事も同じだなぁ~」と。
クライアントの要望を縦糸にして、私たちが横糸となって布を織ってゆきます。かぁ・・。

と、言葉を思いついた瞬間に、こめかみの髪の生え際が無性にこそばゆくなりました。

上手いこと言ったようで気恥ずかしくなってしまった。どこかのコンサルみたいで・・・。

ダサ・・・すぎる。

バタフライ効果がオモシロイ

「バタフライ効果」は「予測可能性-ブラジルでの蝶の羽ばたきは、テキサスでトルネードを引き起こすか?」から、「ほんの些細なできごとが、大きな影響を引きこす」という意味です。

捉え方はイロイロですが、「小さな心がけしだい」とも解釈できます。

ほんのちょっとした言葉、表情、しぐさ・・・・イベントの現場でも、現場責任者が「笑顔で、おはよう!」の一言でパッと明るくなります。たったそれだけで、みんなが一日中、イイ気分でいられます。

小難しいロジックよりも、話が早いんじゃないでしょうか。
プロフィール

フラッグシップ

Author:フラッグシップ
株式会社フラッグシップ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。