スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たかが2%。

自動車メーカーのマツダが「2%の人に好かれるクルマ」を戦略にあげた。

マツダの2018年度の販売見通しは160万台。
新車販売の総数は年間約1億台だから、2%は200万台。

みんなに好かれることはないのだ。
この考え方が抜けているケースが少なくないんだなぁ。
スポンサーサイト

目的が曖昧な行動。

年末になるとカレンダーが届く。

営業マンが手持ちで届けにきてくれるのは、営業上の挨拶・顔つなぎだと思う。

送ってくるものはナンだろう?
目的のハッキリしない惰性の行いはやめた方がイイと思う。

ゴミが増えるだけ。
あ、
営業マンの時間つぶしか…。

背面宙返りするロボット

ニュースで「バク転するロボット」を見た。
視た瞬間、スゴイ!と思った。

同じ映像をくり返し流していたから
よく見てみると関節のアブソーバーを工夫しているようだ。

改良ですね…。

あーでも驚いた。

対立概念の両立。

本音と建前、勝者と敗者、本物と偽物など、対極の概念のこと。

これをうまい具合に両立できないか?ということが話題になったりしている。
対立していることは両立できないと思うけど、対立風なら両立できる。

仕事と子育てとか、対立していないけど、風には感じる。

モノは言いようだけど…。

会社の勢い。

とある会社が、従来の年間広告費を38億円から19億円に引き下げた。
売上が100億円ダウンした。
利幅が20%だとしたら妥当な収支にはなる。
利益率としても現預金としても改善された、とみなされるかもしれない。

でもね、そんな経営コンサルはクビにしたほうがイイ。

会社は、生身のニンゲンが動かしている。
経費を削いだら、やる気も削がれてしまう。
絞る方向のジャッジは慎重にやらないとダメですね。

左じゃぁ失敗するだろうなぁ。
プロフィール

フラッグシップ

Author:フラッグシップ
株式会社フラッグシップ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。