背面宙返りするロボット

ニュースで「バク転するロボット」を見た。
視た瞬間、スゴイ!と思った。

同じ映像をくり返し流していたから
よく見てみると関節のアブソーバーを工夫しているようだ。

改良ですね…。

あーでも驚いた。
スポンサーサイト

ビビるな新人。

大企業への挨拶、セールス、プレゼン…。
いくつになっても苦手な人が多い。

どんなに大きな会社だろうと、中小企業の寄り合い所帯に過ぎない。
社内では寄り合い所帯どうしで競争している。

看板がデカいだけ。

もっと素直に、ストレートに。

企業ブランド、製品ブランド、イロイロなブランドについての会議がやたらと開かれる。
あまりにも多いので食傷気味でもある。

下手に練りこむと硬直してツマラナイ結果になる。

ブランドのイメージは、コンセプトをそのまま出せばイイ。

あとは自信を持って言い切ることです。

大のオトナの会議。

会議で、最初っから問題点や実現性なんかを話してはダメ。
議事進行する人は、論理的で賢そうに話すけど
多くは実効性に乏しい弁論の上手い人です。

そんなことより、夢や理想を共有しようとする人の方が期待できる。
ゴールが共有できれば、実現のための知恵を絞り出せばイイ。

そうじゃなければ、皆で集まって会議する理由が無い。

リスクと恩恵。

上手いことやるなーと感心する人がいる。

誰もチャレンジしたことの無いビジネスを
リスクを覚悟で成功させた人だけがオイシイところを持っていく。

その覚悟ができないとオイシイ思いはかなわぬ夢となる。
プロフィール

フラッグシップ

Author:フラッグシップ
株式会社フラッグシップ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム